敏感肌に良いファンデーション|サラサラ優しくソフトにお肌ケア

女性

洗顔と保湿の見直し

女性

肌に一番負担がかかるのが洗顔です。バリア機能が弱っている乾燥肌は、洗顔料の成分でさらに乾燥がひどくなりますから、低刺激で肌に優しい洗顔料を選びましょう。また、水分と油分を両方バランスよく補給し、保湿力の高い化粧品を使いましょう。

詳しくはこちら

負担の少ないベースメイク

お肌の悩みを優しくカバー

女性

敏感肌の女性にとって大きな課題になりがちなのが、ベースメイクの仕上げ方です。敏感肌に特有の赤みや色ムラをカバーしたいというニーズがあるいっぽうで、かぶれやかゆみ、乾燥などのトラブルを起こしてしまう場合があることから、ファンデーションの使用に抵抗を感じる人も少なくありません。そんなときに役立つのが、敏感肌向けの化粧品ブランドが発売している低刺激性のファンデーションです。お肌に対する刺激になりやすい香料や紫外線吸収剤などの配合を控えている商品が多く、優しい使用感が特徴です。皮膚科の専門医が監修している商品や、アレルギーテスト済みの商品もあり、敏感肌の女性も安心してベースメイクを楽しむことができます。

便利なアイテムを賢く活用

ファンデーションの代わりとして、BBクリームやCCクリームを使うのも良い方法です。お肌につけるアイテムの数が多いほど、なんらかの成分にアレルギー反応を起こしてしまう可能性も高くなりますから、ワンステップでベースメイクが完成するアイテムは敏感肌の女性にも適しています。ナチュラルなベースメイクが主流になっている最近では、ファンデーションの代わりに使えるプレストパウダーやルースパウダーも増えています。適度なカバー力や紫外線防止効果があり、単品で薄化粧が完成するほか、手持ちのファンデーションの仕上げに使うこともできます。お肌に対する刺激が少ないことや、お化粧直しがしやすいこともパウダー状のアイテムのメリットです。

肌トラブルの原因を防ぐ

女性

皮脂量が少なく水分が蒸発しやすい乾燥肌は、水分バランスが乱れています。これを改善するためにも、保湿成分がたっぷり配合された化粧水を使いましょう。また、ニキビも乾燥が原因になる場合がありますから、ビタミンC誘導体などの有効成分配合の化粧品でのケアが効果的です。

詳しくはこちら

労わりつつ健康的な肌に

女性

クレンジング剤には油分が含まれているので、敏感肌の人が使用すると、肌が刺激を受ける場合があります。しかし植物性の低刺激のクレンジング剤なら、敏感肌の人でも安心して使用できます。これによりメイク化粧品や汚れが除去されれば、その後のケアで、肌を健康な状態に導く美容成分をしっかり浸透させることができます。

詳しくはこちら